本来別物の
「危機管理」と「保険」を
合体させました。

危機管理に付帯する専門的な情報・知識

危機管理は約30種類に及ぶ様々な専門的な「付帯物」を持っています。「付帯物」とは、「世界各国の危険情報」「旅行医学」「各国の銃器規制法」「各国の医療レベル情報」「緊急移送手段」など危機管理の実施に伴う、必要な情報や知識です。この様な、危機管理の有効な「付帯物」の一つに「保険」があります。特に「保険」は、危機管理を動かす四輪の一つと言えるほど重要な「付帯物」です。

保険単独では補えない機能を提供

保険は、病気や怪我など、「痛い目に遭った時」の金銭的な補償です。金銭的な補償ですから、例えば「火災保険」に入っていても「火事」を防ぐ事は出来ません。しかし、「危機管理」と約30種類に及ぶ専門的な「付帯物」が一体となって機能する事により、この一体となった物は、「危機管理」上の新たな役割を生み出してくれます。知識と情報が経済的効果を生み出す事は、この場合も当てはまります。

融合し、一体となった海外危機管理

保険を含め、有効な「付帯物」は、この様に一体となり、専門的な知識を持つ「危機管理」の専門家により、統括管理され、その機能は100%活かされ、運用されます。メンバーは、窓口は一つで、海外でのアクシデントに対応できる「海外総合危機管理」に守られる事になります。病気、怪我からテロ、暴動、行方不明、盗難、強奪、感染症、更に「渡航禁止」「渡航地待機」「緊急脱出」などの警告、警報まで、総合的なお引受内容です。



上に戻る